Others #126〜#130 .


#126−右折レーンあり(北海道・浜益村)

[右折レーンあり]
北海道は自由な発想による警戒標識が多いようです。
まず最初は「右折レーンあり」の標識です。
路面が凍結したり積雪すると、センターラインがわからなくなるんでしょうけれど。
わざわざ設置する必要あるんでしょうか…?


#127−ゼブラゾーンあり(北海道・苫小牧市)

[苫小牧市]
苫小牧市の大通りにあった標識です。
片側四車線のただっぴろい道なんですが、右折レーンがあるために第四通行帯はそのまままっすぐ走れず、直進するにしろ右折するにしろ一旦第三通行帯に入らせるようにしています。ただ、標識でこう示していても、道路標示(路面のペイント)はほとんど消えているのであまり意味がないような気がしますが…。


#128−町道ヘキサ(北海道・天塩町)

[振老7線]
「こんなところに都道府県道?」と思ってよく見てみたら…、「町道」でないですか(笑)
よくこんな発想できるな〜と感心します。


#129−何かがちがう「すべりやすい」その2(北海道・稚内市)

[古いけど…]
この前の秋田県男鹿市のヤツ(#102参照)よりもっとおかしいです。


#130−中央帯(北海道・稚内市)

[中央"帯"]
何か違和感を感じたので、引き返してみたら、何と「中央"帯"」!!
確かに、標識の下にあるのは「中央"線"」でなく、中央分離帯です。


<< 前へ Previous. 次へ Next. >>
□ 戻る Return
[PR]