Others #116〜#120 .


#116−思案橋(新潟県・長岡市)


[思案橋]
運転者諸氏へ 二台は耐えきれず一台に願う 思案橋

意外と知られていない長岡市の抜け道左岸堤防。
長生橋からすぐ南のところに「思案橋」があります。
ここの看板が結構好きなんですね。

かなり古い橋であるらしく、一度に二台の車が通過することはできないとのこと。
思案橋からの悲痛な願いが伝わってきます。


#117−京浜川崎IC(川崎市・高津区)

[京浜川崎IC]
わけがわかりません。
でもなぜかわかってしまうのが不思議な京浜川崎ICの道路標識です。
この標識が持つ不思議な魅力なせいか、それともドライバーの必死の判断力によるものなのか…。

 
[京浜川崎IC]


#118−おっかなびっくり50km/h(秋田県・岩城町)

[50km/h制限]
センターラインの無い道
普通ならせいぜい40km/hが相場かな…とも思えるセンターライン無し&歩道無しという道路で、50km/h制限が敷かれておりました。

道路の幅は1.8車線と言ったところでしょうか。
大型車同士のすれ違いは若干難があるものと思いますが…。


[道路の幅は1.8車線といったところ]


#119−20分駐車(札幌市・中央区)


[普通貨物車が対象]

札幌市で見つけた20分制限駐車の標識です。
貨物車のみの指定なので、貨物車の積卸しを念頭に置いたもののようです。
お代は20分100円。高いか安いかは何とも言えません。。

 
[右:「20分100円」]
なお、画像は8:00のものなので、チケット機は「休止中」と出ている。


#120−2レーンともバス専用(札幌市・中央区)

[左側2レーンはともにバス専用]
通常、バス専用は左端1レーンのみが指定されますが、札幌には左側2レーンが両方ともバス専用に指定されている道路がありました。
左側は「バス・自二輪・実車のタクシー」専用となっており、その右隣のレーンは「バス・実車のタクシー」専用です。

ちなみに、不思議だったのが「実車のタクシー」。
逆に「実車でないタクシー」って何のことだろう〜?、幽霊タクシーとか輪タク(戦後間もない頃にあった自転車式人力タクシー)のことか〜?と色々考えましたが、調べてみたところ業界用語で「お客を乗せているタクシー」のことなのだそうです。なるほど。


<< 前へ Previous. 次へ Next. >>
□ 戻る Return
[PR]