Others #236〜#240 .


#236−砂だまり注意(千葉県・館山市)
いわゆるびっくり標識である警戒標識「その他の危険」
千葉県館山市の海岸沿いには、補助標識で「砂だまり注意」とある標識が設置されています。砂浜のすぐ近くというわけではないのですが、こんなところにも砂が飛んでくるようです。
[KAWASAKI-CM9151]


#237−60分以内駐車可(長野県・飯田市)
「駐車可」の標識で「60分以内」とある標識。
いわゆるパーキングメーター・チケットではなく、そのまま駐車OKのようです。
意味合い的には、1985年までの「制限時間内駐車(赤丸のタイプ)」と同じかな〜というところです。今の標識体系で表現するのであれば、上の画像のようになりますね。
[KAWASAKI-SM9216]


#238−バス停兼待避所(長野県・飯田市)
「待避所」かと思いきや、「バス停」とある標識です。
説明するならば「バス停兼待避所」というところでしょうか。
それにしても、下の画像でこの標識が立って居留守すぐ奥(カーブミラーが立っているところ)がバス停兼待避所なのですが、待避所という割りにはかなり狭すぎるように思います。
[KAWASAKI-SM9218]


#239−二灯式押しボタン信号機(北海道・帯広市)
 
JR帯広駅前のバスターミナルにて。
押しボタン式信号機でありまして、普段は黄色灯が点滅しており、歩行者が押しボタンを押すと、黄色点滅→黄色点灯→赤色点灯と変わります。
押しボタン式信号機も、実際のところは二灯火あれば機能的にそもそも問題なしなのかもしれません。
[KAWASAKI-TMX088]


#240−静岡市版おにぎり・ヘキサ(静岡市・葵区)
縦長の金属板におにぎりやヘキサを描いているタイプの標識。
背景色は一般国道が「赤」、主要地方道は「緑」、一般県道は「黄色」となっています。
静岡県においては静岡市においてのみ設置されているようです。
いずれも国道・県道とは言え、実際は政令指定都市である「静岡市」が道路管理者なので、静岡市独自の様式と思われます。
設置数はあまり多くないのですが、色覚でもその路線が感覚的にわかるので、結構いい標識と感じます。
[KAWASAKI-8LX021(027)]
[KAWASAKI-8LZ230(354)]
[KAWASAKI-6M6097(362)]

<< 前へ Previous. 次へ Next. >>
□ 戻る Return.
[PR]