Others #191〜#195 .


#191−路線バス専用信号(山口県・下関市)
一応信号と言えば信号なのですが、左折矢印一灯しかない信号機。
この左が下関駅前のバスターミナルになっており、この交差点ではバスのみ左折可となっているため、このようなシンプルな信号機が設置されたようです。歩道の方は歩道橋が設置されているため、歩行者対策も不要。
まぁこの場合ならば、「指定方向外進行禁止(路線バス以外左折禁止)」+「左折可(補助標識で"路線バス"と標示)」でも同じ効果になりそうですが…。
[KAWASAKI-LJ9219]


#192−黄・青・黄の予告信号(山口県・下関市)
「この先信号機有り」を予告する予告信号機。
黄色の一灯点滅のタイプ、左右の黄色灯火が交互点灯するタイプとありますが、山口県にあるタイプはそれらとは違う黄・青・黄という特殊な配列によるものでした。

 

まず、前方の信号が青の場合。
予告信号は、中央の青一灯のみが点灯します。
真ん中に青色が来るのは、まず他所では見ること無いので、かなり違和感があります。

 

  
続いて、前方の信号が黄または赤の場合。
このときは、左右の黄灯火がチカチカと交互点滅します。
(一応、上の画像は、デジカメの性能上黄色灯火が若干赤みがかって写っています)
信号の配列といい、運用方法といい、あまりお見かけしないタイプです。
[KAWASAKI-LJ9210]


#193−散水注意(名古屋市・南区)
名古屋名物と言えば、味噌カツ・百m道路などなどですが、あまり知られていない名物(?)に「散水注意」といものがあります。
きまって高架橋の下に出てくるビックリ標識こと警戒標識「その他の危険」
 
何でも、高架橋の下では雨が降っても高架橋下の緑地には届かないため、スプリンクラーが設置されているのだとか。
ときどきスプリンクラーが作動して、高架橋下の緑地に水を与えているのだそうです。
いつかは作動しているスプリンクラーを見てみたいと思っているのですが、なかなかお目にかかれていません。
[KAWASAKI-CJX040]


#194−ちゃりんこ専用(静岡県・牧之原市)
自転車の専用通行帯です。
2010/12の「道路交通法」改正で自転車通行について色々と法整備が措置されましたが、これに伴い「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」が改正されています。
上は同命令の別表第一「327の4(専用通行帯)」を使用したものです。通常は「バス専用」となっている専用通行帯の標識に自転車マークを入れたものですが、こちらのタイプは2010/12の改正前から設置が可能でした。
 
道路幅があれば歩行者も自転車も自動車もそれぞれで整然と走れるものですが、既往の道路全てにこれを適用するのは多分無理でしょうね。
自転車通行帯は、路面が青になっていました。

 

 
そして、2010/12の政令改正により新たに追加された標識が上のタイプ。
同命令の別表第一「327の4の2(専用通行帯)」として追加されました。
一応、これで「普通自転車専用通行帯」となるらしいですが、「じゃあリヤカーはどうするのか?道路の左端を走れないのか?」と思いきや、軽車両はそもそも適用除外になるらしく、「普通自転車専用通行帯」を軽車両が通行してもOKらしいです。
自動車優先であった道路整備も、最近は自転車の道路区分をしっかり整理して、歩行者・自転車・自動車ともに事故無く走行できるようにしていこう…という意識が強くなってきたようで、円滑な交通を整備するという側面から見れば良いことだと考えています。
[KAWASAKI-XJ5305]
[KAWASAKI-XL0027]


#195−道路標示の優先道路(愛知県・豊橋市)
道路の菱形(◇)は、「この先横断歩道有り」ということを示します。全国どこでも見られると思います。
そして、今回は道路に描かれた逆三角形(▽)。これは「この先、優先道路との交差点有り」の意味です。
優先道路との交差点は全国至る所にありますが、この「▽」の道路標示はなかなか描かれていません。
愛知県ではたまに見かけたりしますが…。
[KAWASAKI-JKB20A]

<< 前へ Previous. 次へ Next. >>
□ 戻る Return.
[PR]